色、いろいろの七十二候

90

大暑の色

セミ
花火

画/柴田美佳

大暑

(たいしょ)

7/22 ~ 8/6
梅雨が明け、夏本番を迎える頃。1年で最も暑さが厳しくなる時季です。夏バテを防ぐために、土用の丑の日にウナギを食べる風習となっています。

こよみの色

ひまわりいろ
向日葵色

  • 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

    7/22 ~ 7/26
    桐の花

    桐の花は、梢高く咲くことからか、花言葉は“高尚”。幹の丈9m、径90cmに達するものもあります。日本でとれる木材では最も軽量で、湿気を通さず割れや狂いが少ない高級木材として、箪笥・筝・神楽面等の材料に重宝されてきました。

    こよみの色


    (そら
    )

    うなぎ
    季節の一皿
    市販の鰻をふっくら美味しく

  • 土潤溽暑
    (つちうるおいてむしあつし)

    7/27 ~ 8/1
    打ち水

    「溽暑」とは湿度の高い蒸し暑さ。直射熱を浴びた砂浜やアスファルトの灼くる暑さと違い、身に纏わりつく空気の重さを感じます。「土潤」が付くと、暑気が土中の水分を蒸発させ“蒸し暑い”に。「草いきれ」「草の息」はそれを表す季語。

    こよみの色


    藍白(あいじろ
    )

    太刀魚
    季節の一皿
    夏の旬、太刀魚がおいしい

  • 大雨時行 (たいうときどきにふる)

    8/2 ~ 8/6
    雨

    「夕立」とは、夏の暑い日の夕方、突然降るにわか雨。が、実は夕方降るから夕立ではないのです。急な、激しい雷雨を「彌降り立つ(いやふりたつ)雨」といいます。この語が省略され、「やふたつ」になり、「ゆふだち」へとなりました。

    こよみの色


    (みず)

    枝豆
    季節の一皿
    枝豆を美味しく茹でる