色、いろいろの七十二候

99

白露の色

白露
彼岸花

画/柴田美佳

白露

(はくろ)

9/7 ~ 9/21
白露とは風のない晴れた夜に発生する「しらつゆ」のこと。夜冷気が増し草葉の上に露が結んで、白く光って見える様を言います。朝夕には涼しい風が吹き、心地良くなる頃です。

こよみの色

そしょく/しろいろ
素色

  • 草露白(くさのつゆしろし)

    9/7 ~ 9/11
    夜露

    風のない晴れた夜に発生する「しらつゆ」は、夢・この世・まぼろしと同義語として括られています。朝夕冷気が増し、草葉の上に露が結び、白く涼しく見えますが、それはまだ一瞬のもの。日が昇れば、残暑の現実が待っているのです。

    こよみの色


    人参(にんじんいろ
    )

    栗ご飯
    季節の一皿
    栗ご飯

  • 鶺鴒鳴
    (せきれいなく)

    9/12 ~ 9/16
    セキレイ

    セキレイは、細い嘴と長い尾が特徴のほっそりした体つきの鳥です。小型の昆虫類をエサにしています。セグロセキレイやハクセキレイなど、羽色は白黒を主としていますが、種によっては、頭部や下面が黄色いキセキレイなどもいます。

    こよみの色


    珊瑚(さんご
    )

    きぬかつぎ
    季節の一皿
    きぬかつぎ

  • 玄鳥去(つばめさる)

    9/17 ~ 9/21
    燕の巣

    夏の間に家の軒下に巣をもうけ、子を産み育て、エサを運ぶために飛翔を繰り返していたツバメも、時季が来ると知らぬ間に去っています。それにしても軒のない家が増えました。ツバメが巣をかけるところも少なくなった、昨今です。

    こよみの色


    ()

    梨
    季節の一皿
    梨を冷やして食べ比べ(幸水・豊水・20世紀)