色、いろいろの七十二候

102

秋分の色

ヒガンバナ
影絵

画/柴田美佳

秋分

(しゅうぶん)

9/22 ~ 10/7
秋分の3日前の日を「彼岸の入り」、3日後を「彼岸の明け」と言い、その7日間が秋の彼岸となります。「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあるように、この時期を境として、暑さが和らぎ、少しずつ涼しい季節へと移っていきます。

こよみの色

まそお/しんしゅ
真朱色

  • 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

    9/22 ~ 9/27
    すすきといわし雲

    <秋分>の候は、すべて春の候と(つい)になっています。四季の巡りの微妙がこの七十二候に映し出されています。それにしても秋分の日を告げるのが「雷乃収声」だとは、とてもドラマチックな話ですね。

    こよみの色


    猩々緋(しょうじょうひ
    )

    おはぎ
    季節の一皿
    お彼岸に、おはぎ

  • 蟄虫坏戸
    (むしかくれてとをふさぐ)

    9/28 ~ 10/2
    ミノムシ

    春から夏、外で活動していた巣篭もり虫たちが、再び土の中に潜り穴を塞ぎます。この時季、日本の家では、夏の簾戸を蔵い、障子や襖と入れ替えました。この行事は季節に応じて生活を改める、一種の句読点の役割を持っていました。

    こよみの色


    (あかね
    )

    ぎんなん
    季節の一皿
    茸・ぎんなん─秋の味覚の俸禄焼き
    (すだちを添えて)

  • 水始涸(みずはじめてかる)

    10/3 ~ 10/7
    稲刈り

    「みずかれる」は、田の水がなくなること、言い換えると、稲穂の実りの時季をいいます。日本の稲穂は、収穫期に黄金色に輝きます。黄金色の稲穂に夕日が注いでいる風景に、“あゝ、何という美しい国に生まれたものか”と思うのです。

    こよみの色


    古代紫(こだいむらさき)

    モクズガニ
    季節の一皿
    日本の清流から、モクズガニ