七十二候 菖蒲華あやめはなさく

二十四節気 夏至げし

花菖蒲が咲く。訓は「いずれ菖蒲か杜若」のあやめですが、時季的にはあやめではなく、花菖蒲のことで…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 八の六

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

船長としてのダニエルの毅然とした姿への憧憬と航海の不安が入り交じり、仙之助は何と言葉を返したらいいか…
続きを読む

旧本多家の長屋門——武蔵国分寺跡の江戸の佇まい——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

旧本多家住宅長屋門を訪れました。現在は金属屋根に改められていますが、江戸や明治の武蔵野の風景を想像さ…
続きを読む

新潟県筒石

よいまち、よいいえ

小澤尚さん


続きを読む

夏至の色

二十四節気の色と食卓

びお編集部

画/柴田美佳 夏至 (げし) 6/21 ~ 7/6 「日長きこと至(きわ)まる」という意味で、ご存知…
続きを読む

七十二候 乃東枯なつかれくさかるる

二十四節気 夏至げし

夏枯草が枯れる。実は冬至のころに、この七十二候と対になる「乃東生」(なつかれくさしょうず)があ…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 八の五

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

ペドロパブロフスク・カムチャスキーの港に二昼夜停泊した後、三日目の朝早く、クレマチス号は碇を上げて出…
続きを読む

森里海から・仁尾の風穴

びおの珠玉記事

菅徹夫さん

香川県三豊市仁尾町で「風穴(ふうけつ)」が約半世紀ぶりに再発見されました。場所は志保山(しおやま)の…
続きを読む

七十二候 梅子黄うめのみきばむ

二十四節気 芒種ぼうしゅ

梅の実が熟して黄ばむ。初夏のころに梅の樹は青梅を実らせます。青梅には青酸配糖体と呼ばれる毒が含…
続きを読む『びおの歳時記』

東京都江戸川区船堀・新川

よいまち、よいいえ

小澤尚さん

歴史的運河環境の復活整備…
続きを読む

仙之助編 八の四

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

函館では入港している間、仙之助は甲板に出ることも禁じられた。 日本人が異国の捕鯨船に乗っていることを…
続きを読む

七十二候 腐草為蛍くされたるくさ
ほたるとなる

二十四節気 芒種ぼうしゅ

腐った草が蒸れて蛍と化す。むかしは腐った草が蛍になると思われていました。蛍の別名を「腐草」(く…
続きを読む『びおの歳時記』

過保護がちょうどいいよ

我輩は歌丸である。

永田花さん

今回は歌丸が体調不良を起こしたお話の続きです。 先生から忠告された体重のお話にドキドキしてしまいまし…
続きを読む

芒種の色

二十四節気の色と食卓

びお編集部

画/柴田美佳 芒種 (ぼうしゅ) 6/6 ~ 6/20 稲や麦などの穂が出る穀物の種をまいたり、苗を…
続きを読む

七十二候 螳螂生かまきりしょうず

二十四節気 芒種ぼうしゅ

かまきりが生まれる。蟷螂ことかまきりの雌は雄を食べてしまうことで有名ですね。交尾をした雌は尾か…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 八の三

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

「さあ、ペドロパブロフスク・カムチャスキーに到着するぞ」  甲板の上がにわかに慌ただしくなり、乗組員…
続きを読む

続きを読む