七十二候 閉塞成冬そらさむくふゆとなる

二十四節気 大雪たいせつ

閉塞で「そらさむく」。閉塞とは、天の気が上へ昇り地の気が下へ降り、天の気と地の気が通わなくなり…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 六の三

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

コロラド号の広告は、立派な外輪汽船のイラストと共に「デイリー・ヘラルド」の紙面に連日掲載された。とこ…
続きを読む

羽島のアトリエ『住まいの相談所』 岡山県倉敷市 大和建設

ちいきのたより

地域の記者さん

  二十四節気は『小雪』。そろそろ朝晩が寒く感じられるころとなりました。 七十二候は『橘始…
続きを読む

七十二候 橘始黄たちばなはじめてきばむ

二十四節気 小雪しょうせつ

橘は柑橘類の総称。蜜柑が黄色に色づきはじめるのは晩秋ですが、炬燵に温州みかんは冬籠の象徴です。…
続きを読む『びおの歳時記』

木のお店とこの町の風景 愛知県西尾市 イシハラスタイル

ちいきのたより

地域の記者さん

イシハラスタイルのお家は素朴な木の家。 背の低い外観に板張りの仕上はすっかり定番になりました。 普段…
続きを読む

仙之助編 六の二

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

一八六七年の初め、外国人居留地で大きな話題となったのは、太平洋郵便汽船会社が横浜に定期航路を就航させ…
続きを読む

七十二候 朔風払葉きたかぜこのはをはらう

二十四節気 小雪しょうせつ

朔は北の方角を意味する漢字で朔風は凩を指します。枯葉が風に払われ落葉となり、あとには枯木が残る…
続きを読む『びおの歳時記』

晩香廬——公園の中の離れ——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

旧渋沢栄一邸内に残る「晩香廬」を前に、そこでさまざまな人生のドラマが語られたであろうと想像しました。…
続きを読む

七十二候 虹蔵不見にじかくれてみえず

二十四節気 小雪しょうせつ

虹よ、さらば。でも冬の空にも時雨のあいだに虹を見られます。ただ稀であるのは確かで、にわか雨など…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 六の一

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

ユージン・ヴァンリードと再会した山口仙之助は、焼け跡の仮事務所に足繁く通い、荷物運びなどの下働きを手…
続きを読む

新潟県佐渡島・加茂湖

よいまち、よいいえ

小澤尚さん

水や山が見えるありがたさ…
続きを読む

七十二候 金盞香きんせんかさく

二十四節気 立冬りっとう

金盞は水仙を指します。金盞花は別の花。金盞は中国の書物で水仙を金盞銀台と形容していることに由来…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 五の十二

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

一八六七(慶応三)年一月、横浜港の埠頭からパリ万博に参加する将軍慶喜の弟、徳川昭武の一行がフランスに…
続きを読む

つどいとやすらぎの空間 和歌山県和歌山市 和秋建設

ちいきのたより

地域の記者さん

地始凍 ちはじめてこおる 急に寒くなったり、暑くなったり。 木々も赤く色づき始めました。 …
続きを読む

七十二候 地始凍ちはじめてこおる

二十四節気 立冬りっとう

土が凍り始めること。目につくものに霜柱があります。寒くなり始めたけれど上着を羽織ればしのげるこ…
続きを読む『びおの歳時記』

プレゼントが嬉しくてはしゃいじゃった僕だよ

我輩は歌丸である。

永田花さん

気がついたら11月ですね。今年は暑くなったり寒くなったり、コロナが増えたり減ったり。予想不可能な上が…
続きを読む

続きを読む