仙之助編 四の十一

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

仙之助と仙太郎に再会した日の夜、ヴァンリードは二人を居留地八六番地のホテルに招いた。居留地で最初のホ…
続きを読む

七十二候 桐始結花きりはじめてはなをむすぶ

二十四節気 大暑たいしょ

桐の実がみのりはじめる。桐の花は古くから豊臣秀吉が使ったり、内閣総理大臣の紋章だったり、日本の…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 四の十

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

仙台藩の中屋敷と行き来するようになったヴァンリードは、星洵太郎を引き受けた後、もう一人の処遇を江戸留…
続きを読む

素敵な風景とともにある暮らし 愛媛県松山市 コラボハウス

ちいきのたより

地域の記者さん

まず初めに、7月の豪雨被害に遭われた方々に対し、心からお見舞い申し上げます。1日も早い復旧をお祈りい…
続きを読む

七十二候 鷹乃学習たかすなわちわざをならう

二十四節気 小暑しょうしょ

鷹の幼鳥が飛び、狩りを習う。鷹の生活サイクルとして親鳥は四・五月に産卵し、卵は六月に孵化します…
続きを読む『びおの歳時記』

La REcyclerie

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

「一緒にやる」「自分でやる」がコンセプトのパリのリサイクル屋さん、「La REcyclerie」。…
続きを読む

大自然と暮らす家 新潟県糸魚川市 カネタ建設

ちいきのたより

地域の記者さん

憧れの薪ストーブのある暮らしをしたいと、当時山梨県に暮らしていたオーナーのY様が家づくりを考えはじめ…
続きを読む

七十二候 蓮始開はすはじめてひらく

二十四節気 小暑しょうしょ

蓮の花が咲く。沼などで大輪の花を咲かせる蓮はインドの原産で、早朝に咲き、昼には閉じます。泥水を…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 四の九

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

幕末の日本をめざしたいわゆる冒険商人たちは、金銭的な成功だけを求める者もあれば、内戦状態にあった極東…
続きを読む

兵庫県神戸市北区長尾町上津

よいまち、よいいえ

小澤尚さん

住宅団地丘陵下に見つけた里の姿 今回は関西のいくつかの地域を歩いた。絵にしたのは、ここに紹介した上津…
続きを読む

アホな姿もかわいくなっちゃうのが僕だよ!

我輩は歌丸である。

永田花さん

最近は連載を書くために歌丸を観察する事が増えました。すると歌丸のアホな行動が浮き彫りになってきたので…
続きを読む

七十二候 温風至あつかぜいたる

二十四節気 小暑しょうしょ

暖かい南風が吹く。梅雨のはじめのころの南風は「みなみ」などさまざまな名を持ちます。太平洋岸や瀬…
続きを読む『びおの歳時記』

蘆花の梅花書屋——明治の武蔵野の面影——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

世田谷区に徳富蘆花が残した恒春園にある梅花書屋を訪れました。…
続きを読む

仙之助編 四の八

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

仙台藩士の星恂太郎(ほし じゅんたろう)は、国学を修め、元々は過激な尊王攘夷派であった…
続きを読む

七十二候 半夏生はんげしょうず

二十四節気 夏至げし

からすびしゃくが生える。からすびしゃくは片白草や半夏生草とも呼ばれ、茎に近い葉が一部だけ白変す…
続きを読む『びおの歳時記』

自然の力を活かす農業―自然農

家庭だからできる自然農

びお編集部

前回、お米や野菜の育苗についてお話を伺いましたが、6月に入ると藤松自然農園では、いよいよ苗の定植と種…
続きを読む

続きを読む