七十二候 乃東枯なつかれくさかるる

二十四節気 夏至げし

夏枯草が枯れる。実は冬至のころに、この七十二候と対になる「乃東生」(なつかれくさしょうず)があ…
続きを読む『びおの歳時記』

旧筑波第一小学校体育館——筑波山麓の木造建築——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

木造建築は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて、骨組み架構がそのまま見られることが多い。それでも、あ…
続きを読む

果物の宝石、さくらんぼ

びおの珠玉記事

びお編集部

※リニューアルする前の住まいマガジンびおから珠玉記事を再掲載しました。 (2009年06月05日の過…
続きを読む

仙之助編 十六の十

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

祝言が終わると、出発は八日後に迫っていた。 捕鯨船に乗った時は、着の身着のままの旅立ちだったが、今回…
続きを読む

七十二候 梅子黄うめのみきばむ

二十四節気 芒種ぼうしゅ

梅の実が熟して黄ばむ。初夏のころに梅の樹は青梅を実らせます。青梅には青酸配糖体と呼ばれる毒が含…
続きを読む『びおの歳時記』

6月は梅仕事の季節です

びおの珠玉記事

びお編集部

※リニューアルする前の住まいマガジンびおから珠玉記事を再掲載しました。 (2009年06月05日の過…
続きを読む

七十二候 腐草為蛍くされたるくさ
ほたるとなる

二十四節気 芒種ぼうしゅ

腐った草が蒸れて蛍と化す。むかしは腐った草が蛍になると思われていました。蛍の別名を「腐草」(く…
続きを読む『びおの歳時記』

ちょっとした気分転換におすすめだよ

我輩は歌丸である。

永田花さん

前回に続き小さな事件簿を今月もお話したいと思います。 歌丸がまだ仔猫だった頃、お水をほとんど飲まず困…
続きを読む

仙之助編 十六の九

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

仙之助は、完全に年上の花嫁の手玉に取られていた。 トメは身体も所作も成熟していた。仙之助が初めての男…
続きを読む

田植えと御田植神事

びおの珠玉記事

びお編集部

※リニューアルする前の住まいマガジンびおから珠玉記事を再掲載しました。 (2010年06月06日の過…
続きを読む

芒種の色

二十四節気の色と食卓

びお編集部

画/柴田美佳 芒種 (ぼうしゅ) 6/5 ~ 6/20 稲や麦などの穂が出る穀物の種をまいたり、苗を…
続きを読む

七十二候 螳螂生かまきりしょうず

二十四節気 芒種ぼうしゅ

かまきりが生まれる。蟷螂ことかまきりの雌は雄を食べてしまうことで有名ですね。交尾をした雌は尾か…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 十六の八

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

夜が更けるにつれ、遊女たちが座敷に入ってきて、宴は無礼講になった。 頃合いを見はからって、新婚夫婦は…
続きを読む

七十二候 麦秋至むぎのあきいたる

二十四節気 小満しょうまん

麦の収穫期になる。麦秋、けれども四季は夏。麦秋と言うとき四季の秋はあとからの意味で、本来は収穫…
続きを読む『びおの歳時記』

吉野材によるマンションリノベーションを通じて

びおの珠玉記事

びお編集部

※リニューアルする前の住まいマガジンびおから珠玉記事を再掲載しました。 (2012年05月15日の過…
続きを読む

仙之助編 十六の七

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

祝言の座敷に三三九度の御神酒を持ってあらわれたのは、粂蔵の実子である長女のテツと次女のヒサだった。振…
続きを読む

続きを読む