北小金のいえ S設計室

住まいのグラフィティ

白石 圭/中島 壮/橋本圭央

生活の軸と地球の軸 緩やかな北側斜面の最下端に位置する40坪余りの敷地は、北の道路面より1.5mほど…
続きを読む

七十二候 雷乃収声かみなりすなわちこえをおさむ

二十四節気 秋分しゅうぶん

雷が鳴り轟かなくなる。実際には冬にも雪起こしの雷など雷は鳴りますが少なくなるのは確か。このころ…
続きを読む『びおの歳時記』

フランスのヴァカンス

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

衛生緊急事態宣言が解除されたフランス。入場制限故に並ばずに見られるルーブル・オルセー両美術館へ。…
続きを読む

白露の色

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/柴田美佳 白露 (はくろ) 9/7 ~ 9/21 白露とは風のない晴れた夜に発生する「しらつゆ」…
続きを読む

墨付け、手刻み、木組みの家づくり

町の工務店の「My定番」

びお編集部

「My(マイ)定番(ていばん)」。第三回目の訪問先は前回に引き続いて静岡県浜松市を拠点に家づくりをお…
続きを読む

2000年代のリニューアル——『暮しの手帖』

「ていねいな暮らし」カタログ

阿部純さん

2000年代の『暮しの手帖』に起きた新しい試み。そこから何が見えてくるでしょうか。…
続きを読む

時の移ろいを感じる、沼と共存する公園 北海道札幌市 マルワホーム企画

ちいきのたより

地域の記者さん

本日から「玄鳥去(つばめさる)」 春先にやってきたツバメが去りはじめる頃。 越冬先である南の地域まで…
続きを読む

七十二候 玄鳥去つばめさる

二十四節気 白露はくろ

燕が南へ帰る。燕は夏に二回子育てをします。大きくなり、自分で餌を捕れるようになった若い燕たちは…
続きを読む『びおの歳時記』

鶺鴒鳴・トンボ

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画 祖父江ヒロコ こよみの色 二十四節気 はくろ 白露素色そしょく/しろいろ #EAE5E3 晒さな…
続きを読む

堀部安嗣さんに家づくりのインタビューをしてみた 静岡県富士市 マクス

ちいきのたより

地域の記者さん

季節は、立秋の次候で【鶺鴒鳴:せきれいなく】。 セキレイは鳥ですが朝晩はヒグラシがまだ鳴いています。…
続きを読む

こちら、えんがわ郵便局です

ヨリドコロえんがわ

森川瞳さん

老若男女、さまざまな人が訪れる「ヨリドコロえんがわ」。 お店としてだけでなく、利用方法も人それぞれで…
続きを読む

七十二候 鶺鴒鳴せきれいなく

二十四節気 白露はくろ

いしたたきが鳴く。右の旁に鳥が三つ並ぶのが壮観ですね。鶫や雀と並んでよく里でみかけるこの小鳥は…
続きを読む『びおの歳時記』

手探りで仔猫を育てたお話

我輩は歌丸である。

永田花さん

今回はネットがない時代に仔猫をなんとか手探りで育てたお話。今は便利になりましたが昔は大変でした。…
続きを読む

草露白・十五夜

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/たかだみつみ こよみの色 二十四節気 はくろ 白露素色そしょく/しろいろ #EAE5E3 晒さな…
続きを読む

伝統の技 香川県三豊市 菅組

ちいきのたより

地域の記者さん

現在弊社では、香川県丸亀市に由緒ある神社の建て替え工事を行っています。今年2020年の9月末完成予定…
続きを読む

七十二候 草露白くさのつゆしろし

二十四節気 白露はくろ

草花に降りた露が白い。二十四節気の白露と重複しており、つまらないですね。九月九日は重陽の節句で…
続きを読む『びおの歳時記』

続きを読む