仙之助編 四の五

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

ユージン・ヴァンリードと再会した翌日、仙之助は文字通りの早飛脚となって走った。 仙太郎の実家は蒲田の…
続きを読む

つながる面白さ

ヨリドコロえんがわ

森川瞳さん

2018年11月にオープンしたお店「ヨリドコロえんがわ」 砂ぼこりで全身が真っ白に汚れながら行ったリ…
続きを読む

囲炉裏のある家 神奈川県小田原市 瀬戸建設

ちいきのたより

地域の記者さん

徐々に梅雨入りした地域が増えてきました。ジメジメして、洗濯物も片付かないすっきりしない季節です。 さ…
続きを読む

七十二候 腐草為蛍くされたるくさ
ほたるとなる

二十四節気 芒種ぼうしゅ

腐った草が蒸れて蛍と化す。むかしは腐った草が蛍になると思われていました。蛍の別名を「腐草」(く…
続きを読む『びおの歳時記』

パリで地産地消

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

”locavore(ロカヴォール)”は、フランス語で「地産地消」。パリでもできる地産地消の体験談です…
続きを読む

お腹すいたし!必殺技だすよ!

我輩は歌丸である。

永田花さん

コロナ、コロナで日本中が意気消沈しています。「あれもしたい!これもしたい!もう疲れた!」自分の要求を…
続きを読む

仙之助編 四の四

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

一八六六(慶応二)年の正月が明け、梅が咲き、桜がほろびかけた頃、仙太郎からの便りが届いた。ユージン・…
続きを読む

七十二候 螳螂生かまきりしょうず

二十四節気 芒種ぼうしゅ

かまきりが生まれる。蟷螂ことかまきりの雌は雄を食べてしまうことで有名ですね。交尾をした雌は尾か…
続きを読む『びおの歳時記』

津雲邸——昭和初期の文化財——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

神田さんが通い続けている青梅に残る、まちの風景になる津雲邸。…
続きを読む

七十二候 麦秋至むぎのときいたる

二十四節気 小満しょうまん

麦の収穫期になる。麦秋、けれども四季は夏。麦秋と言うとき四季の秋はあとからの意味で、本来は収穫…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 四の三

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

雷門が焼け落ちた浅草の大火で、小幡漢学塾も焼けてしまった。 師匠は無事と聞いたが、塾生たちがみな無事…
続きを読む

里山の風景にとけこむ自然素材の家 兵庫県川西市 グートンライフ

ちいきのたより

地域の記者さん

リビングから眺めた風景。里山の景色が広がる 大阪市内から、電車で1時間ほどのところにある、川西市笹部…
続きを読む

七十二候 紅花栄べにはなさかう

二十四節気 小満しょうまん

紅花が盛んに咲く。紅花は化学染料が普及するまで花を摘み取って染料や生薬として使われました。とく…
続きを読む『びおの歳時記』

犬吠埼灯台——今も活躍する歴史的建造物——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

明治に作られ、今もなお活躍し続ける犬吠埼灯台を訪れました。…
続きを読む

仙之助編 四の二

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

火事の多い江戸にあって、浅草は不思議と火事が少なかった。 大火に見舞われた歴史を持つ町は土蔵が多い。…
続きを読む

時間を削る日常から、時間にゆだねる日常へ 香川県三豊市 金丸工務店

ちいきのたより

地域の記者さん

前回のたよりから季節は流れ 2021年1月8日、晴れて 《URASHIMA VILLAGE》グランド…
続きを読む

続きを読む