仙之助編 五の八

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

豚屋火事は、外国人居留地にも大きな被害をもたらしていた。 ヴァンリードの事務所のある海岸通りも、堅牢…
続きを読む

パリのかくれた鉄道遺産

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

パリ市内での新たな速度制限措置。賛否あれども、注目に値する取り組みです。…
続きを読む

景観の続く親子の住まい 北海道札幌市 マルワホーム企画

ちいきのたより

地域の記者さん

「菊花開(きくのはなひらく)」 菊の花が見頃を迎える頃。菊の花は日本の国花とされるほど高貴であり、昔…
続きを読む

七十二候 菊花開きくのはなひらく

二十四節気 寒露かんろ

パスポートには菊の紋が描かれています。菊は日本文化を代表する花とされていますが、じつは外来種で…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 五の七

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

仙之助はすべてを失ったと思った。 豚屋火事で、養家の神風楼は焼け落ちてしまった。 そして、かけがえの…
続きを読む

フリーダムなのも僕の魅力だよ

我輩は歌丸である。

永田花さん

ここ数年の歌丸は昔と比べるとお痛がだいぶ減りました。小さな頃はあんな事もこんな事もしたなと思い出しま…
続きを読む

七十二候 鴻雁来こうがんきたる

二十四節気 寒露かんろ

北から冬鳥が渡ってくる季節。秋の空を色々な鳥が渡ります。雁が長い距離を渡れるのはV字の編隊で飛…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 五の六

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

「まさか……今日の野辺送りは……」 「仙太郎を送ってきたところでございます。横浜であんな大火があった…
続きを読む

七十二候 水始涸みずはじめてかる

二十四節気 秋分しゅうぶん

水田から水を抜くこと。季語の水涸るのように池や川の水が涸れるのではなく、稲刈の約一週間前に水田…
続きを読む『びおの歳時記』

自然と生き物たちとの共存 香川県三豊市 菅組

ちいきのたより

地域の記者さん

香川県三豊市仁尾町の父母ヶ浜のすぐ近くに、2020年に完成した「讃岐緑想(さぬきりょくそう)」のお庭…
続きを読む

富岡製糸場——国宝の明治建築——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

100年を超えて活躍した世界遺産・国宝の富岡製糸場で、歴史ある建物について考えました。…
続きを読む

七十二候 蟄虫坏戸むしかくれてとをふさぐ

二十四節気 秋分しゅうぶん

虫は頭の大きな蛇をかたどった漢字です。なのでかつて虫は、昆虫ではなく蛇などの爬虫類を指していた…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 五の五

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

開港まもない横浜に来て、山口の姓を名乗った日から、桟橋の先に広がる大海原を渡って異国に行くことをどれ…
続きを読む

栄養生長を促し、長く収穫しよう。

家庭だからできる自然農

びお編集部

概ね月一回のペースで連載してきた「自然農」のお話も、いよいよ今回が最後となります。最終回は、この連載…
続きを読む

七十二候 雷乃収声かみなりすなわちこえをおさむ

二十四節気 秋分しゅうぶん

雷が鳴り轟かなくなる。実際には冬にも雪起こしの雷など雷は鳴りますが少なくなるのは確か。このころ…
続きを読む『びおの歳時記』

仙之助編 五の四

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

豚肉料理店から出火したことから「豚屋火事」と呼ばれた横浜の大火で、港崎(みよざき)遊郭は焼け落ちてし…
続きを読む

続きを読む