ヨリドコロえんがわ

2

夢を叶える場所

ヨリドコロえんがわの入り口ではくまもんがお出迎え

2018年の冬、ヨリドコロえんがわがスタートしました。
ヨリドコロえんがわは、地域内外のコミュニティーの場所でもあり、手仕事を伝承する場所でもありますが、もう一つ、「夢を叶える場所」でも在りたいと思っています。

具体的には、これから飲食店や料理教室などの活動を始めたい方が、1 Day cafeとしてヨリドコロえんがわのキッチンスペースをレンタルし、その日は自分のお店として営業できるというものです。
1 day cafeとはいえど、レンタルされているその1日は、遊びではなく、自分の店として責任をもって食事やドリンクなどをお客様に提供して頂くことをお願いしています。

ただ、一生懸命に準備してお店をしても、どれほどのお客様が来店されるかは誰にも分かりません。
それはきっと、将来、自分でお店を始めたときも同じでしょう。
ただ、ヨリドコロえんがわの場合は、お店を出せる喜びを一緒に分かち合える仲間がいることを感じてほしいな、と。
ヨリドコロえんがわでの経験が、少しでもお役に立てればと願っています。

1 day cafeは、1回きりで終わってしまう方、数回される方、今も継続的に続けらている方など様々です。
最初は一歩踏み出す勇気が必要ですし、慣れない環境で疲れてしまったり、モチベーションが下がってしまうことだってあるでしょう。
でも、最初は不定期でのレンタルだった方が、少しづつ回数を増やしていき、現在では定期的に入られている方もいらっしゃいます。

「1年かかったけど、最近では開催する度、ほぼ満席になるようになった」と話してくれたのは薬膳料理教室をされているHさん。
車で約1時間かけて、わざわざヨリドコロえんがわで料理教室を開催されている方です。

ハーブティー

Hさんの凄いところは、告知やブログ、ホームページやフライヤー作成もご自分でしっかりされていて、 お客様が少なくても落ち込まず、「こういう日もあるある!」と前向きに続けていらっしゃるところです。
現在は、いくつかの貸しスペースでも教室をされており、今後のご活躍も楽しみです。

また、毎週金曜日にスパイスカレー屋をされているSさんは、気さくな人柄と毎回違ったスパイスカレーを提供してくれることで人気です。
最初の頃は不定期でのお店だったのですが、 “毎週金曜日” と固定にしたことで、お客様にも覚えて頂きやすく、現在は毎回完売となるほどです。

料理教室のスパイスカレー

Sさんも車で45分かけてヨリドコロえんがわに通ってくれていますが、
「全然苦じゃないよ、むしろ楽しみ」と言って下さることが、本当にありがたいです。
そして、最近では加工場となる小屋をつくる計画も進めておられ、建築の方でもお世話になりそうです。

南阿蘇在住のFさんは、これまで数回レンタルされた方で、現在はご自分のお店のオープンに向けて準備中です。家具や看板などをご注文頂き、こちらでも関われることに感謝です。

ヨリドコロえんがわでは、本当にたくさんの物語が生まれます。様々な人たちが集まり、初対面など関係なく会話がはずむ場所。
持ちつ持たれつの関係で、協力して何かを起こすことができる場所でありたいと願います。

アンティーク雑貨が並ぶ

さて、実は、私も週末はヨリドコロえんがわで「四季味屋しきみや」という名でドリンクカフェをしています。
最初は、そんな予定ではなかったのですが、、、何でもしないといけないのがミズタホームです。笑

四季味屋の果物たっぷり生タピオカドリンク

こだわりの牛乳と旬の果物を使った生タピオカドリンク、意外と人気なんですよ。
どうぞ、ヨリドコロえんがわにお越しの際は、「今日のカフェは何かな?」とチェックしてみて下さいね。

浴衣でタピオカ

NEXT→「手間を楽しむ」

著者について

森川瞳

森川瞳もりかわ・ひとみ
熊本県熊本市出身。
5人兄弟の末っ子で、小さい頃の遊びは、兄達と虫探しや自然遊びをすることばかり。10代後半に犬小屋を建てたことがきっかけで、木工をはじめる。
23歳のとき、本物の家具職人の仕事を見るため一年間、飛騨高山へ。
そこで体験した出来事や出会った方々が刺激となり、木材だけでなく、森への関心を生む。
熊本へ戻り、「木や森のことを伝えること」を目的とした木工教室をはじめる。その後、教室がきっかけでミズタホームに入社。
現在は「樹子工房」という名前で家具小物の製作や、木工教室、広報、企画、ショップの管理などを担当している。

連載について

熊本甲佐町にあるその店は、日々「何かしたい」と「何か感じたい」の気持ちに溢れる人達が寄り集まる場所となっています。 ある日は一日カフェ店長として、ある日はフラリ訪れてみたお客として、またある日は駆られた衝動で作り上げたモノを売る創作家として…。 "作る喜び" と "生きる喜び" が緩やかに漂うレンタルカフェ&スペース「ヨリドコロえんがわ」より、工務店女子兼店長である森川瞳さんが、日々の体験や思ったことを綴ってくれます。