2022-3-26

2022-3-26

春分の次候、桜始開(さくらはじめてひらく)となりました。うららかな陽気に桜の花が咲き始める頃。平安時代からこちら、花といえば「桜」を表しました。『世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし』(在原業平)。