山口由美
2021年10月17日更新

仙之助編 五の八

豚屋火事は、外国人居留地にも大きな被害をもたらしていた。

ヴァンリードの事務所のある海岸通りも、堅牢な石造りの建物があちらこちらで焼け落ちている。一帯に焼け焦げたような匂いが漂い、通りを行き交う異人の姿もまばらだった。

ヴァンリードの事務所の立派な建物は屋根が焼け落ちて、黒焦げになった石がゴロゴロとあたりに転がっている。柱や窓枠などは焼け残っていたが、廃墟のようだった。

仙之助は、呆然として立ちすくんだ。

廃墟のような外国人居留地(イメージ)

にわかに不安な気持ちがわきあがる。だが、ここで待っていれば、ヴァンリードはきっとやってくるに違いないと信じた。

埠頭の先に続く海だけが以前と同じだった。

仙之助は、焼け残った石の上に腰をおろした。

海岸通りに再び目をやると、大八車を引いてこちらにやってくる人影が見えた。

遠目からでも服装で異人であることがわかる。大八車に載せた荷物が重いのだろう、異人はうつむき加減に下を向いたまま、大八車を引いていた。

仙之助は、懐から仙太郎の遺品として手渡された赤い光る玉を取り出した。
「クリスマスツリー……」

大八車を引く異人の姿に、神風楼にクリスマスツリーを売りに来たヴァンリードの姿が重なった。そうだ、間違いない。
「ヴァンリードさん」

仙之助は、大声で叫びながら駆け寄っていった。

ところが、顔を上げた異人はヴァンリードではなかった。背格好はよく似ているが、見たことのない異人だった。

仙之助は、当惑と失望の表情で言った。
I am sorry. (すみません)」

すると異人は、たいして驚いた様子もなく、仙之助に問いかけた。
Do you know Mr.Van Reed? (おまえは、ヴァンリードさんを知っているのか)」
Yes,Do you know Mr.Van Reed? 」

オウム返しに仙之助もたずねた。
Now We are working together. (今は一緒に働いている)」
Is he fine? (彼は無事ですか)」
Of course (もちろんだとも)」

異人は、ありふれたジョンというファーストネームを名乗り、ヴァンリードと古着を売る商売をしていると語った。火事で焼け出された異人たちは、着るものに不自由していた。彼らは被災を免れた異人から服や靴を高額で買い取り、さらなる高値で焼け出された人たちにそれらを売った。商売が成り立ったのは、当時、西洋人の着る洋服や靴は、開港地にしかなかったからだ。横浜に数軒あったテイラーも焼け出されていた。

次回更新日 2021年10月24日

著者について

山口由美

山口由美やまぐち・ゆみ

1962年神奈川県箱根町生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。海外旅行とホテルの業界誌紙のフリーランス記者を経て作家活動に入る。主な著書に『アマン伝説 創業者エイドリアンゼッカとリゾート革命』『日本旅館進化論 星野リゾートと挑戦者たち』『熱帯建築家 ジェフリー・バワの冒険』など。

この小説について

著者・山口由美からのメッセージ
思えば、物書きになりたいと思った原点が、出自である富士屋ホテルの存在だったかもしれません。高校生の頃、母の従姉妹に当たる作家の曽野綾子に、このテーマは書かないでほしいと懇願した過去を恥ずかしく思い出します。彼女自身の処女作『遠来の客たち』の舞台もまた、富士屋ホテルでした。
そして最初の単行本『箱根富士屋ホテル物語』が生まれたのですが、本当に自分が書きたいものはまだ完成していない、という想いを長年持ってきました。
小説は2000年代前半に何篇か商業誌に発表したことはありますが、久々の挑戦になります。いろいろと熟考しましたが、ノンフィクションノベルというかたちが、最もふさわしいスタイルだと思うに至りました。物語の種は無限にある題材です。長い連載になるかもしれません。
おつきあい頂ければ幸いです。

住まいマガジン びお